TOP » メタ4 » MT4(メタ4)にEAを導入する方法

MT4(メタ4)にEAを導入する方法

cms.tatsujin05 (2012年12月 8日 13:50)
EA導入は簡単

前回の章では、MT4でインディケーター(テクニカル指標ですね)を導入する方法をご紹介しました。では、お待ちかねの自動売買をする方法に入っていきたいと思います。どこから自動売買を導入するのかというと、インディケーターと同じ、画面左にある『ナビゲーターバー』からなのです。そしてナビゲーターバーの中の『Expert Advisors』から好きなロジックを選んでいくのですね。このExpert Advisorsの略称がEAと呼ばれるものなのです。(ここからはEAと記載します。)

では実際の手順をわかりやすいように以下の画像で説明します。

 

まずPC画面下のwindowsスタートボタン(下のイメージ図①参照)をクリックし、コンピューター(②参照)を開きます。そして以下のフォルダを開いていきます。

ローカルフォルダ(C)(③参照)

→同フォルダ内のMT4フォルダ(当画像ではFXDOのMT4)(参照④)

experts(参照⑤)を開き、導入したいEAのファイルを⑤のexpertsファイルにドロップして入れます。

これでMT4内のexperts(参照⑥)にEAがはいっていることが確認できます。

※EA名称を確認してください。

※もし該当のEAが表示されていない場合は、MT4を再度立ち上げてください。

 

mt4_expertadvisors.png

 

EAもドラッグ・アンド・ドロップ!

ナビゲーターバーのExpert Advisorsから利用するEAを決めたら、インディケーターと同じように、チャートに向かってドラッグ・アンド・ドロップをしてみてください。そうするとインディケーターの時と同じように、パラメーター変更画面がたちあがります。続きはMT4でEAを稼働させる方法をご覧ください。

タイプ別!小びとシストレで人気のEAだよっ
バランス型のEA

HawaiiV3.0.0

【Profit factor】1.63
【利益】53カ月426万円
【収益率】636%
【勝率】58.56%

HawaiiV3.0.0

詳細はこちら
利益優先型のEA

BoxerV3.0.0

【Profit factor】1.43
【利益】53カ月323万円
【収益率】687%
【勝率】35.29%

BoxerV3.0.0

詳細はこちら
損失限定型のEA

TreasureV3.0.0

【Profit factor】1.73
【利益】53カ月382万円
【収益率】755%
【勝率】44.67%

BambooV3.0.0

詳細はこちら
【注意事項】

当サイトは管理者の主観に基づき作成されており、その内容の正確性を保証するものではありません。また配布しているEAのバックテスト結果、収益結果はあくまで過去シミュレーション結果であり、将来の利益を保証するものではありません。またEAのプログラム上の動作保障はいたしません。実際のお取引にあたり、ご自身でバックテストをおこい、ご自身の判断に基づきご利用ください。全て自己責任でお願いします。

カテゴリ:
タグ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mt4-ea-fun.net/mt/mt-tb.cgi/16

コメントする

【注目】無料EAは国内FX業者のMT4に対応

無料EAを利用する 「MT4で儲けよう!」 メールアドレス他を入力するだけ[申込みページへ]

小びとポートフォリオ倉庫~実弾トレード履歴を公開!フォワード結果など

MT4で無料で使えるEA

【NEW】2017年3月(2月成績)
更新しました!

じっくり!バランス型のEA

シンプル&規則性重視のEA「Hawaii」

【収益率】636% 【勝率】58.64%

【利益金額】
53カ月 約426万円 (1万通貨)
53カ月 約2,131万円 (5万通貨)

コツコツ!損失限定型のEA

王道のトレンド追従型「Wave」

【収益率】846% 【勝率】35.60%

【利益金額】
53カ月 約408万円 (1万通貨)
53カ月 約2,044万円 (5万通貨)

ファイト一発!利益優先型のEA

利益の最大化&効率重視のEA「Treasure」

【収益率】755% 【勝率】43.17%

【利益金額】
53カ月 約382万円 (1万通貨)
53カ月 約1,911万円 (5万通貨)

はじめてでもカンタン MT4導入の手引き
  • 今さら聞けないFXの仕組み 勝てる!FXの実践講座
  • システムトレーダー必見! テクニカル分析マニュアル
  • MT4のEAで自動売買なら VPSサーバーは欠かせない